アパートローン共同データベース

弊協会では、金融機関における賃貸住宅向け貸出(以下、アパートローン)の債権管理をトータルでサポートするためのサービスを2015年下期より開始しました。

アパートローン債権管理における金融機関の課題として、(1)データ整備が不十分で、分析環境が整っていない、(2)案件の個別性に依拠した与信審査となり、案件への相対的な評価尺度がない、(3)案件の事後管理データが整備されておらず、自機関のポートフォリオに対する客観的な評価手法も定まっていない、等の点が挙げられています。

これらの課題に対して、弊協会では「データ蓄積・物件評価ツール(略称:DaSCORE-APL)」の提供を通じ、(1)共通仕様による関連データ収集・蓄積を通じた共同データベースの構築、(2)物件単位での客観的な収支計画の策定を通じた評価基準の共通化実現、(3)共通の債権事後管理の枠組みやポートフォリオ評価目線の構築、の3つを実現し、アパートローン債権管理を強力にサポートします。

尚、弊協会では、今後、各金融機関に蓄積されたデータを提供頂くことで、「アパートローン共同データベース」を構築していきます。蓄積されたデータについては、様々な切り口で分析し情報還元を行うほか、各金融機関データとの比較分析等のサービスも提供していきます。

データ蓄積・物件評価ツール「DaSCORE-APL」の役割

DaSCORE-APL※は、アパートローン債権管理に当たり、以下のような役割を果たすことをめざしています。

Data accumulation and Scoring system of Apartments Loan

  • 【DaSCORE-APL】は、データ蓄積機能を備え、アパートローンに係るデータを集約し、いつでも分析が可能となる環境を整備。会員間で共通仕様によるデータの収集・蓄積が進めば、共同DBを利用したアパートローン債権評価の枠組みの整備にも寄与することが期待されます。
  • 【DaSCORE-APL】を利用すれば、物件単位での客観的な収支評価を行うことが可能です。【DaSCORE-APL】に搭載された客観的な評価の枠組みを用いることで、案件間の物件比較や、担当者間、部門間の評価目線の共通化を図ることが可能となります。
  • 最も難しいのは、上記3つのポイントの標準化です。

データ蓄積・物件評価ツール【DaSCORE-APL】の活用

アパートローン共同データベースに参加するとDaSCORE-APLを利用できます。


想定業務フロー

(1) 必要最低限の情報入力で稼働

  • 収支シミュレーション自動作成機能搭載 
  • 将来賃料の自動補正機能搭載
  • 柔軟なストレスシナリオの設定が可能

(2) 簡単にデータ蓄積・本部集約

  • データの自動蓄積機能搭載
  • 蓄積データのスムーズな本部集約実現
  • 簡単な操作による分析用データ抽出機能搭載

(3) 共同DBサービス提供

  • 会員様より共同DBへデータ送付・蓄積
  • 蓄積されたデータをCRDにより分析・還元
  • 還元情報を使ってポートフォリオ分析、共通の評価軸構築等に活用
ページの先頭へ