住宅ローン共同データベース

概要

会員金融機関の住宅ローン融資における管理面の効率化・高度化に加え、今後の戦略を考えるうえでのベースとなる有益な情報を提供することをめざして、2013年4月より住宅ローン共同データベース(共同DB)サービスを開始いたしました。

共同DB参加会員の皆様には、データ整備サポートとリスク評価サポート用のツールとして、DaSCORE-HL. Analyzer(データ蓄積・スコアリングツール)をご提供いたします。このツールを活用することで、自機関内の各種データの蓄積が可能となるほか、リスク評価面では提供モデルを活用して、将来にわたるデフォルトリスク予測や繰上げ返済リスク予測を行うことができます。 その他、分析機能が充実しており、ポートフォリオ集計や簡易な収益計算を行うことができます。

さらに、蓄積が進む共同DBを活用した各種分析結果を定期的に還元いたします。参加会員の皆様には、自機関内のデータと共同DBの状況を比較分析することで、還元情報をポートフォリオ分析や経営戦略の検討に役立てていただいております。

加えて、参加会員には、定期的に当協会で主催する各種情報交換会・研究会にもご参加いただき、会員間での有益な情報交換を行っていただいております。毎年、参加会員は増加傾向にあり、今後も、皆様にご満足いただける様々なサービスを追加していきます。

共同DBサービスの概要図

共同DBサービスの参加メリット

共同DBサービスの仕組み

データベースの維持運営のため、有償でのサービス提供となります。
本サービスについては、株式会社クレジット・プライシング・コーポレーションとのアライアンスにより提供します。
ページの先頭へ