McSS企業事例

このたび、中小企業診断士の安田順様に、中小企業の経営改善事例のご寄稿をいただきましたので、ご紹介いたします。

McSSを手掛かりに金融機関と交渉し、不良債権を処理
(S社・建設業・東京都・年商10億)

プロフィール

安田 順 様プロフィール
中小企業診断士。経営革新等支援機関。経営学修士(法政大学大学院経営学研究科)。

1966年島根県松江市生まれ。住宅金融専門会社~㈱住宅金融債権管理機構(現在の整理回収機構)で、融資業務のほか残高100億円超の大口案件の債権回収、企業再生を担当。その後、経営コンサルタント会社、メガバンク系列のリース会社を経て、2001年に独立。

現在、金融・財務に詳しい「中小企業の外部CFO(財務責任者)」として、実質無借金の会社から再建まっただ中の会社まで、幅広く経営のサポートに携わっている。ドンブリ経営の中小企業をキャッシュフロー経営に変えるのが得意で、会社の真の実力を引き出すため、マーケティングのアドバイス、社員教育、銀行交渉の支援などに日々奔走中。

主な著書に『中小企業のための「資金繰り・借入交渉」実践マニュアル』(日本実業出版社)などがある。

最新の著作「銀行が貸したい会社に変わる 社長のための「中小企業の決算書」財務分析のポイント」へのリンクはこちら(Amazonのサイトへリンクします)

■2022年06月寄稿

ポイント

「McSS経営診断報告書を金融機関に提出して経営姿勢をアピール」

「CRDランクを確認の上、不良債権を貸倒処理」

ストーリー

S社の財務内容

S社は東京都で建設業を営む中小企業です。

2018年当時、B/Sに関係会社への貸付金(約1億円)を計上していました。関係会社は大幅な債務超過に陥っており、貸付金は不良債権化していました。 

S社の純資産は60百万円しかなかったため、不良債権をゼロ評価すると、△40百万円(資産900百万円-負債940百万円)の実質債務超過とみなされる状況でした。

McSSで現状を認識

このような状況で、経営者の長男が事業を承継し、新社長に就任します。

S社の業績は増収増益が続いて好調でしたが、資金調達面ではメインのA信用金庫、サブのB信用金庫が運転資金の融資に応じてくれないことに、新社長は困惑します。

「金融機関が何を考えているのか分からない」と相談を受けた私(安田)は、以下の点を社長に伝えました。

  • (1) McSSによる決算書の評価(CRDランク)が最下位のEランクであること
  • (2) Eランクの原因が、主にB/S面(過大な借入金、手元資金の少なさ等)にあること
  • (3) B/Sの最大の問題は、前社長時代に発生した不良債権1億円であること

金融機関に新社長の姿勢をアピール

その後、S社では資金繰りを改善するために「着手金・中間金の回収強化」と「工事原価の管理」に取り組みました。

これにより、現金が約1億円増加し、粗利が2%近く改善しました。売上高も8億円から10億円程度に増え、5000万円以上の経常利益を計上することができました。

2019年の決算をMcSSで評価すると、まだDランクでしたが、McSS経営診断報告書をA信金とB信金に提出し、財務面の問題意識を伝えました。

信用金庫がCRDランクをどう考えたかは分かりません。しかし、こうした新社長のオープンな姿勢が評価され、A信金の支店長から「次回から本部の審査担当者を同席させます」と言われました。A信金の審査担当者とかなり突っ込んだやりとりをし、新たに事業計画書を作成、各金融機関に提出しました。

その結果、A信金とB信金からプロパーの追加融資を受けることができました。

不良債権を貸倒処理

その後も好業績が続いたことから、関係会社に対する不良債権1億円を貸倒処理することにしました。

McSSで決算をシミュレーションしたところ、1億円を貸倒処理した場合でもCランクを維持できることが分かりました。社長は決算を赤字にすることに不安を感じていたので、McSSのシミュレーション結果が重要な判断材料になりました。

さらに、金融機関を訪問して「貸付金1億円」の認識を確認したところ、すべての金融機関が「実態B/S上は貸付金1億円をゼロ評価している」と回答してきました。貸付金をバランスシートから落としても、金融機関の評価はそう大きく変わらない、ということが分かったわけです。

その後、金融機関に丁寧な説明を行った上、関係会社を特別清算し、貸倒処理を完了させました。

不良債権処理の判断は間違っていなかったようで、B信金の支店長からは「不透明な貸付金がなくなり、かえって融資をしやすくなった」と言われました。

今回のMcSSを活用して経営改善に成功したS社の事例は、中小企業診断士 安田 順様にお聞きしました。このほかにも安田様の著書:銀行が貸したい会社に変わる 社長のための「中小企業の決算書」財務分析のポイント(日本実業出版社)には、McSSを活用した具体的な経営改善策やノウハウが数多く掲載されていますので、併せてご参照ください。

お気軽にお問い合わせください。

資料ダウンロードはこちら

お問い合わせはこちら


ページの先頭へ