CRDアラート

粉飾決算の典型的なパターンに沿って、企業の決算書をCRD法人データの同業種企業群と比較し、異常値に対してアラートを表示します。

決算書の異常値を効率的・客観的に把握でき、粉飾決算の可能性に関する注意喚起や、より有効な事業性評価につなげることができます。

flexbox

企業審査や格付制度における粉飾アラートとして

flexbox

決算書の異常値を把握することで、事業性評価の足掛かりとして

flexbox

自機関の職員研修に

flexbox

格付・自己査定の参考に

CRDアラートの特徴

CRD蓄積データから導出した27個の財務指標を使用し、対象法人企業決算データ(最大4期分)に対し、業種毎の「標準値」や「前期比増減値」等、計16の切り口で基準を設けて比較し、基準から外れる場合に注意喚起を行います。

膨大なデータに裏付けされる客観的かつ精度の高いCRDデータをベンチマークとして、決算内容に異常な部分がないか確認し、勘定科目明細の精査を促すことで、決算データの正当性のチェックに役立てることが期待できます。

本機能はCRD統合ツールからのご利用となります。

詳細はこちらをご覧ください

CRD統合ツール

出力帳票

1

1

異常値判定結果

解説書(判定結果の見方)

お気軽にお問い合わせください。

資料ダウンロードはこちら

お問い合わせはこちら


ページの先頭へ