CRD統合ツール

CRD統合ツールはこれまで配布型ソフトウェアでご提供していたCRDスタンドアロンシステム(スコアリング・データ蓄積ツール)McSS(中小企業経営診断システム)を統合し、新機能(決算データ異常値判定機能・提供データ作成機能)を追加した、会員様のコスト削減、業務効率化に繋げるツールです。

CRD統合ツールで業務の効率化に繋げます

概略イメージ

1

3つの機能

1.「CRDスタンドアロン」機能

モデルとは企業の将来の信用力を予測(スコアリング)します。予測結果は、その企業が将来デフォルトする確率「推計デフォルト確率(PD)」をパーセント(%)または評点で表します。会員様における審査業務の効率化や信用リスク管理の高度化はもちろん、信用保証協会と金融機関の提携商品などにも活用されています。



1

出力帳票イメージ

詳細はこちらをご覧ください

CRDモデル(スコアリングサービス)

2. 中小企業経営診断機能(McSS)

中小企業経営診断システム(McSS / Management consulting Support System)は取引先中小企業とのコミュニケーションにお困りの方や取引先の本業支援等、様々なシーンで活用いただける、わかりやすさ、使いやすさをコンセプトに開発した財務診断ツールです。
国内最大規模の中小企業財務データベース機関であるCRD協会に蓄積された全国約100万社の財務情報と比較した現状診断、将来シミュレーションが簡単な操作で行えます。



1

出力帳票イメージ

詳細はこちらをご覧ください

中小企業経営診断システム(McSS)

3. 決算データ異常値判定機能(CRDアラート)

粉飾決算の典型的なパターンに沿って、企業の決算書をCRD法人データの同業種企業群と比較し、異常値に対してアラートを表示します。
決算書の異常値を効率的・客観的に把握でき、粉飾決算の可能性に関する注意喚起や、より有効な事業性評価につなげることができます。



1

1


詳細はこちらをご覧ください

CRDアラート

お気軽にお問い合わせください。

資料ダウンロードはこちら

お問い合わせはこちら


ページの先頭へ