トランザクションモデル(預金口座動態モデル・T-Forest)

金融機関経営において、AIの有効活用による業務効率化への関心が高まっていますが、AIモデル「T-Forest」 は、短期与信の審査モデルとしての活用のほか、資金繰り破綻による突然死を未然察知することを可能としており、活用効果として与信増強や与信コストの低減、業務効率化等が期待できます。

T-Forestはりそな銀行との共同研究により開発したモデルです。
用途に応じて、法人用、個人事業主用、アパートローン用の3種類のモデルを用意しています。
T-Forestは会員向けサービスとは別の個別有償契約に基づくサービスとなります。

「T-Forest」を活用すれば業務の効率化、コスト削減、収益拡大が期待できます

flexbox

評価に他機関情報や財務データは不要、自機関の預金口座情報だけで充分

flexbox

月次ベースで預金取引のある全取引先に対し高精度の信用力評価を実施

flexbox

エクセルツールをパソコンにインストールするだけで活用可能です

flexbox

業務多忙な営業店担当者の取引先モニタリングを強力にサポート(効率化)

flexbox

早期発見、早期着手により突発破綻発生の回避をサポート(与信コスト削減)

flexbox

新たな取引先への融資拡大に審査モデルとして活用可能(収益拡大)

DX戦略の切り札として、金融機関が保有する預金口座情報の有効活用を推進します
「T-Forest」が、withコロナ時代の取引先モニタリングを効率的にサポートします

T-Forestの特徴

  • 各金融機関が保有する自機関の預金口座情報のみを活用可能で、取引先の全てが評価の対象。
  • 豊富なデータ量が可能にしたAIを活用したモデルで、既に複数の金融機関で高い予測精度を確認済。
  • PoC(モデル精度検証)負担、モデル開発コスト負担を抑え、柔軟なシステム対応で導入コストを低減。

1

T-Forestの評価結果(スコア)の活用方法

1

オプションで期中管理用Excelツールの利用も可能(上イメージはツール帳票の一部)。

お気軽にお問い合わせください。

資料ダウンロードはこちら

お問い合わせはこちら


ページの先頭へ